douxgarden blog - 桜の秋咲き(伊自良湖)

桜の秋咲き(伊自良湖)

カテゴリ : 
douxgarden blog
執筆 : 
doux 2013-10-26 16:24

 みなさん、こんにちは。

 今日は、家族と一緒に(あ!間違えました)、仕事にて岐阜県山県市内の
伊自良湖の近くに行きましたので、寄り道をしてみました。
 もうそろそろ伊自良湖は、紅葉の時期だろうと思っていましたが、少し気が
早かったみたいです。
 よれよりも、桜の秋咲きを発見しました。秋に咲く桜の品種もありますが、
この桜は、秋に咲く桜の品種ではなく、ソメイヨシノと思われます
(エドヒガン系桜とオオシマザクラから生まれたものと考えらています)。
 この秋に花が咲くのは、ホルモンの変化、桜の勘違い、
そして「先祖返り」という、桜の先祖がもともともっていたものが、
何かのきっかけで出てくる現象などが考えられています。
 むずかしい話ですね。

 もうひとつ、ヤブニッケイという樹木の実と、イロハカエデの実を発見しました。
ヤブニッケイの実は、黒色なので、成熟していない実であることが分かります。
イロハカエデの実は、翼果であり、風に舞って遠くまで飛んでいく
形になっています。
 ヤブニッケイの実は、動物などが遠くまで運んでくれる場合もありますが、
イロハカエデの実は、動物などが運んでくれないため、自分で遠くまで飛んで
子孫を残すために、この形の実になってのでしょうか。
 不思議な話です。

伊自良湖(紅葉には、もう少しですが)


秋咲き桜(見えないかな)


秋咲き桜(白い箇所)


秋咲き桜(頂芽)


ヤブニッケイの実(丸いもの)


イロハカエデの飛果(プロペラのような形ですね)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://douxgarden.sakura.ne.jp/html/modules/d3blog/tb.php/40